ネイリストの服装で気を付けたいこと

query_builder 2022/04/01
コラム
25

憧れのネイリストなったものの「どんな服装で働くのだろう」と悩んでいませんか?
はじめての職場であれば、どのような服装がふさわしいのかわからないですよね。
当記事では、ネイリストの服装で気をつけたいポイントをご紹介します。

▼会社の指定
会社によっては、支給されるシンプルな制服の着用を指定されている会社もあるようです。
エプロンや服の色など、指定がある場合もあります。

▼私服の場合
会社の指定がない場合、どのような服装を選べばいいのでしょうか。
以下のポイントを参考にしてみてください。

■清潔感・露出は少なめ
お客様と近い距離で接客するため、清潔感が大切です。
お客様に不快感を与えないよう、においやシワにも気をつけたいですね。
露出の高い服は「だらしない」という印象をあたえることも。
夏は下着が透けて見えることもあるので、気をつけましょう。

■動きやすさ
袖が広がっていたりフリルやリボンなどのボリュームのある服は、マニキュアなどが付いてしまう可能性があります。
上半身は、特にシンプルで動きやすい服がいいですよ。

■汚れてもいい
マニキュア・ジェル・シールなどの素材が、服に付いてしまうこともあります。
汚れが落ちにくい素材もあるため、汚れてもいい服が安心です。
汚れが目立ちにくい色であることや、自宅で洗濯できることもポイントですよ。

■雰囲気
お店の雰囲気にあった服装を、心がけることが大切です。
お店ごとに違う雰囲気があるため、勤務先の雰囲気にあった服装選びをしましょう。

▼まとめ
ネイリストが服装選びで気をつけていることは「シンプル」「動きやすさ」「汚れてもいい」です。
会社によっては「エプロン・服の色・制服」などの指定がある場合もありますよ。
弊社はネイルサロンと併設して、さまざまな目的にあった10種類のコースを持つネイルスクールを運営しています。
ネイリストを目指したい方は、ぜひ一度お問い合わせください。

NEW

  • 東京ネイルサロンNaKid☆★

    query_builder 2022/06/23
  • 東京のネイルサロンで梅雨ネイル★★

    query_builder 2022/06/17
  • 東京ネイルサロンNaKid☆★

    query_builder 2022/05/24
  • お客様ネイルのご紹介です♪

    query_builder 2022/05/23
  • お客様ネイルのご紹介です♪

    query_builder 2022/05/20

CATEGORY

ARCHIVE