ジェルネイルが痛いと感じる原因と対処法

query_builder 2022/08/01
コラム
37

気軽に施術することができるジェルネイルですが、痛いと感じる方も少なくありません。
なぜ爪付近が痛いと感じてしまうのか、気になるところです。
そこで今回は、ジェルネイルが痛いと感じる原因と対策について紹介していきますので是非参考にしてください。

▼ジェルネイルが痛いと感じる原因
■サンディングや下処理
ジェルネイルを塗布する前に甘皮処理などを行い、少しでも持ちがよくなるような処理を行います。
しかしその際に十分な技術がないと、爪付近の皮膚を痛めてしまう原因になります。
更にジェルとの密着を高めるために、爪表面にサンディングを行いますが技術力がないと傷つけてしまう原因になることも。

■ジェルが爪の負担に
ジェルネイルを繰り返すことで、爪には大きな負担がかかっています。
特に大きなパーツをつけている場合や巻き爪の方などは、爪に負担がかかっているため痛めてしまいます。
ネイルをオフする際にも、リムーバーによって爪に負担がかかり痛みが発生することもあります。
何度もネイルを繰り返すことで、痛みが生じることがあるのです。

▼ジェルネイルが痛まないような対策
ジェルネイルをすることで痛みが生じてしまうので、技術力を身に着けるかプロに任せるのが一番良いです。
そして最も大切なのは、年中ネイルをするのではなく爪にも休息期間をつくることで守ることにも繋がります。

▼まとめ
ジェルネイルで痛みが生じてしまう原因として、下処理やオンとオフを繰り返すことでの爪の負担が挙げられます。
技術力の高いサロンに行くようにして、爪を休ませる期間をとることで痛みを避ける対策になるのではないでしょうか。
弊社では、東京都でネイルスクールを運営しております。
JNA認定講師による少人数レッスンを実施しておりますので、気になる方は是非一度お問い合わせください。


NEW

  • 東京のネイルサロンで冬ネイル★★

    query_builder 2022/12/01
  • お客様ネイルのご紹介です🧡♪

    query_builder 2022/11/29
  • 東京のネイルサロンでクリスマスネイル★★

    query_builder 2022/11/29
  • query_builder 2022/11/26
  • 東京のネイルサロンでクリスマスネイル★★

    query_builder 2022/11/26

CATEGORY

ARCHIVE