ネイルに気泡が入る原因と対策

query_builder 2022/08/15
コラム
38

自分でネイルをしていると気泡が入ってしまう経験はありませんか?
気泡が入ってしまうにも、様々な原因があるので把握することで避けることができます。
今回は、ネイルで気泡が入ってしまう原因と対策について紹介していきますので是非参考にしてください。

▼ネイルに気泡が入ってしまう原因と対策
■ネイルのボトルを振ってしまう
液体を激しく振ってしまうことで、ボトルの中で気泡が発生してしまい爪に塗布する際にも入ってしまいます。
ラメのものなどは、下に沈殿しているため振りたい気持ちもありますがゆっくりとひっくり返すことで全体が均一になります。

■温度
保管場所の温度によっても、爪先に乗せる際に気泡が入ってしまう原因になります。
ネイルの液と爪先の温度差が大きいと、気泡が発生しやすくなるので同じほどの温度に保管すると良いです。

■爪の表面
爪の表面がデコボコしていると塗布する際に、へこんだ箇所と液体の間に空気が入り気泡ができてしまいます。
爪の表面はしっかりと整えるようにして、デコボコな状態にならないようにすることで気泡を防ぐことに繋がりますよ。

▼気泡が入ってしまったら?
実際に気泡が入ってしまったら塗りなおすのが一番良いですが、時間がない時はストーンやラメで誤魔化すのも一つの手です。
硬化した後に気泡を消すことは難しいですが、ラメやストーンなどでカバーすることはできるので是非お試しください。

▼まとめ
ネイルで気泡が入ってしまう原因として「ネイルの保管方法」「扱い方」「爪の表面のデコボコ」などがあげられます。
爪の表面は整えて、ネイルを正しく保管することで気泡を防ぐことができますよ。
弊社では、東京都でネイルスクールを運営しております。
充実したコース設定のネイルスクールとして東京で人気を得ていますので、気になる方は是非一度お問い合わせください。

NEW

  • 東京のネイルサロンで冬ネイル☆☆

    query_builder 2024/02/06
  • 東京のネイルサロンで冬ネイル☆☆

    query_builder 2024/01/09
  • 東京のネイルサロンで冬ネイル☆☆

    query_builder 2023/11/24
  • お客様ネイルのご紹介です🧡♪

    query_builder 2023/11/20
  • お客様ネイルのご紹介です🧡♪

    query_builder 2023/11/08

CATEGORY

ARCHIVE