爪はドライケアとウォーターケアのどちらが良いの?

query_builder 2023/02/05
コラム
47

爪のケア方法には、ドライケアとウォーターケアの2種類があります。
どちらのほうが綺麗な爪になるのか、悩んだことはありませんか。
今回はドライケアとウォーターケアのどちらが良いのかについて解説していきますので、ぜひお役立てください。

▼ドライケアとウォーターケアとは
ドライケアとは、文字通り「乾燥した状態で爪のケアをすること」です。
水で濡らさずにそのままの状態で甘皮を処理します。
一方ウォーターケアは、ぬるま湯に指先を浸して甘皮を柔らかくしてから爪のケアをする方法です。
やり方だけを聞くと、ウォーターケアのほうが良いケアができそうですよね。

■爪の状態によって使い分けることが大切
ドライケアとウォーターケアの特徴を見ると、ドライケアでは爪を傷めそうだと思う方も多いかもしれません。
でも、実はドライケアとウォーターケアは、確実にどちらのほうが良いというわけではありません。
爪の状態は気温や湿度、ご本人の体調などによって日々変化します。
日によってはウォーターケアよりドライケアのほうが適していることもあるんですよ。

■スクールで学んでみよう
最良のネイルケア方法を判別するスキルを身につけたい方には、ネイルスクールがおすすめです。
ネイルスクールにはプロ仕様のコースはもちろん、初心者向けの1日完結のコースもあります。
知識を身につければ、セルフケアにも役立ちます。
会社帰りに通える夜間のレッスンもありますから一度参加してみてはいかがでしょうか。

▼まとめ
爪のケア方法はドライケアとウォーターケアの2種類があります。
どちらが良い悪いというものではなく、その日の体調や気温などによって使い分ける必要があるでしょう。
ケアの判別方法を知りたい方は、一度ネイルスクールでレッスンを受けてみてください。
NaKidでも1日で受けられる初心者向けのコースをご用意しています。
時間を自由に選べるなど気軽に通えるシステムになっていますから、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

NEW

  • 東京のネイルサロンで冬ネイル☆☆

    query_builder 2024/02/06
  • 東京のネイルサロンで冬ネイル☆☆

    query_builder 2024/01/09
  • 東京のネイルサロンで冬ネイル☆☆

    query_builder 2023/11/24
  • お客様ネイルのご紹介です🧡♪

    query_builder 2023/11/20
  • お客様ネイルのご紹介です🧡♪

    query_builder 2023/11/08

CATEGORY

ARCHIVE